下見時のチェックポイント

不動産の専門家と一緒にチェック!
気になる新築一戸建てを下見に行く時の
チェックポイントについて詳しくご紹介します。


交通アクセス

気になる新築一戸建ての下見に行く時は、公共交通機関(電車・バス等)を利用しましょう。現在お勤め・ご通学の会社・学校の最寄り駅から現地までの電車の本数、乗り換え回数、最寄り駅と現地の距離感、駅周辺の雰囲気などを確認します。下見時には、実際に住んだことを仮定して物件の周辺を歩いてみるとよいでしょう。もし可能であれば、曜日や時間帯を変えて行ってみると良いと思います。電車(バス)の本数や混み具合などは、時間帯や平日と休日ではずいぶん違います。また、車中心の生活をされる方は、道路の混雑状況などを知るために、一度車で行ってみることをおすすめします。

周辺環境

物件所在地に到着したら、物件の立地、敷地全体、周辺環境などを確認します。まずは、陽当りを調べるために物件所在地の隣接している建物の高さや距離などを確認します。騒音や異臭がないかも確認します。また、昼と夜でも変わるので時間帯や曜日を変える事も大切です。そして、周辺の商業施設や公共施設と物件までの距離を確認します。スーパー、銀行、郵便局、病院、薬局、学校、公園、図書館、市役所などがどのくらいの距離にあるのか確認しましょう。

物件チェック

部屋の雰囲気が、自分の好みや家具などに合うかどうか、ということが、物件をチェックする際には一番重要なポイントです。
また床暖房や浴室乾燥機など、希望の設備がきちんと取り付けられているか、使用可能な状態になっているか、網戸が破れていないか、等も忘れずにチェックしておきましょう。他にも地盤が傾いていないか、クロス(壁紙)が剥がれていないか、などをチェックしておきましょう。