住宅ローンの基礎知識

住宅ローンは、大きくは「公的住宅ローン」と「民間住宅ローン」に分けられます。
それぞれの住宅ローンの特徴をご紹介します。



住宅ローンの金利タイプは3種類

住宅ローンを一度組むと長期にわたって返済を続けていくことになります。金利なども変動するので、慎重に選ぶ必要があります。

固定金利型
返済金額が固定されているので、ライフプランが立てやすく、借入時に返済期間すべての返済額を確定できます。
金利が固定されるので、高金利時に借りると将来にわたり高金利での返済が確定してしまいます。
変動金利型
固定金利型より金利が低いことが多く、金利が低下すると返済額が減少します。
返済額が固定されていないため、金利が上昇すると返済額が増加し将来への不安が残ります。
固定金利期間選択型
一定期間の返済額だけ確定できる。高金利時に借りると、将来の金利の低下に合わせて返済額が下がります。
固定金利期間終了後の返済額が確定せず不安が残ります。固定金利期間終了後金利が上昇すると返済金額が増加します。

公的住宅ローン

住宅金融支援機構融資や財形住宅融資、自治体融資などがあります。
借入限度額には一定の制限があり、高額の融資は受けられないという点が特徴です。

民間住宅ローン

銀行・信用金庫・住宅ローン専門会社・生命保険会社・JAなどが取り扱っています。多くの金融機関が販売する「フラット35」・「フラット35S」も民間住宅ローンに含まれます。
民間住宅ローンの特徴としては、融資限度額が大きい反面個人の信用力などのチェックが厳しくなっています。

民間住宅ローンの代表的なフラット35についてご紹介します。

フラット35は住宅金支援機構と民間が提携しています。
多くの民間の金融機関で長期固定金利の「フラット35」を提供しています。

【フラット35】Sとは?【フラット35】S(優良住宅取得支援制度)とは、【フラット35】をお申し込みのお客さまが、省エネルギー性、耐震などの要件を満たす住宅を取得される場合に、次のとおり、金利の引下げを受けることができる制度です。 【フラット35】の特徴 最長35年間の固定金利で、適用金利は融資実行時の金利となります。お借入金額が100万円以上8,000万円以下で、財形住宅融資との併用も可能です。
その他に、4つのメリットがあります。
  • 最長35年の長期固定金利。資金のお受け取り時に返済終了までの金利・返済額が確定します。
  • 保証料0円、繰上返済手数料0円。保証人も必要ありません。
  • 機構の技術基準で、住まいづくりを応援。住宅金融支援機構において独自の技術基準を定め、物件検査を受けていただいています。
  • ご返済中も安心サポート。多様な返済方法変更のメニューを揃えおり、お客様のご事情に合った返済方法の変更をご提案しております。また、お客様に万一のことがあった場合に備えて、機構団信制度もあります。
【フラット35】利用上の注意点 融資額が所要資金の8割までであるので、民間金融機関の独自のローンを併用する場合以外は、自己資金が2割以上必要になります。
商品内容はどこの金融機関でも同じですが、適用金利と手数料は取扱金融機関や時期によって異なります。
また、団体信用生命保険への加入は任意であるため、加入する場合には別途、団信特約料の支払いが発生します。
また、【フラット35】S(優良住宅取得支援制度)とは、【フラット35】をお申し込みのお客さまが、省エネルギー性、耐震などの要件を満たす住宅を取得される場合に、次のとおり、金利の引下げを受けることができる制度です。
<